併願校を受けないで受験することにした白川(仮名)さんの体験談

息子に中学受験を勧め、進学塾に通わせ始めたのは小学校4年生の2学期くらいでした。
始めは宿題を面倒がったり、テストの点数が悪いと落ち込んだりしていましたが、学年が上がるにつれ息子本人にも目標ができ、真剣に取り組むようになっていきました。何校かの説明会や見学会に参加する中で、受験しいと思う学校が見つかったようです。
この学校に行きたいという強い思いが中学受験の勉強を頑張る原動力になっていました。
最終的に志望校を決める時期になっても息子の意志は固く、志望校以外なら公立中学に行くと言ってきました。
親としては悩みましたが、息子を信じ意志を尊重することに決め、併願校は受けないことにしました。
たった1回の中学受験、悔いのないように親としてできる限りのサポートをしようと考えました。
学習面は塾の先生と本人に任せるほかなく、親にできることは心身の健康面のサポートと面接対策だと思い、面接や質疑応答の練習相手をしたり、普段からニュースを見た時に感想を聞くなど自分の考えをまとめ言葉にする練習をさせていました。