ゆっくりと進路の事を考えさせたいと思い志村(仮名)さんの体験談

子どもと進路の話を相談しているときに、子どもの夢がまだ決まっていないことを知りました。
サラリーマンとして働くにしても、出た学校によって結果が変わってくるかもしれないと思ったので、ゆっくりと進路の事を考えさせたいと考えていました。
将来に困らないように子供に受験させる志望校の偏差値は、やや高めの70台後半の中学校を選びました。
こちらの中学校の進路実績が良いものだったので期待しています。
受験勉強を始めさせた時期は小学4年生からです。
それまでは好きに習い事や遊びに行かせてあげていたので、本業である勉強に取り組んでもらうことにしました。
中学受験では苦手科目があると結果を伸ばせないので、まずは塾に通わせて苦手科目を克服するように指導してもらいました。
子どもに勉強計画を提出してもらい、出来そうな範囲に勉強計画に沿って生活してもらうようにしました。
子どもが中学受験に対して嫌にならないように、中学生になったら何がしたいかなどの話もしました。
中学受験が上手くいくと人生が上手くいくと考えています。